妊娠から出産まで

メイン

追完届

出生届の届け出の期限がせまっても、なかなか赤ちゃんの名前が決まらない場合があります。
このような場合は、名前だけを後から届ける事が出来ます。

追完届の個別ページへ

出生おどけに必要なもの

出生届を届ける際には、医師の出生証明書・母子健康手帳・健康保険証・印鑑が必要です。忘れずに確認しましょう。

出生おどけに必要なものの個別ページへ

出生届の届出先

届け出は生まれた場所、住居地、又は本籍地の市役所、町村役場に届けます。
用紙は、役所にあります。また、病院でも用意しています。
出生地が本籍地と異なる場合には2通提出する必要があります。届け出る際は、両親でなくて、代理人でも構いません。
なお、婚約中の出産の場合、婚姻届を先に出さないと、非婚出子扱いになります。

出生届の届出先の個別ページへ

出生届

出生届は、赤ちゃんが生まれた日を含めて2週間以内に届け出なくてはなりません。14日目が休日でしたら、その翌日までとなります。
2週間以内に届けを出さない時は、科料に処せられますので、注意してください。

出生届の個別ページへ

お七夜

お七夜とは
赤ちゃんが生まれた日から七日目のお祝いを「お七夜」といいます。
平安時代には、上流貴族社会に、赤ちゃんの生まれた日を初夜、ついで三夜・五夜・七夜・九夜と奇数の日にし祝儀を行う習慣がありました。
しかし、御世はこの習慣がすたれてしまい、現在では、この七夜の祝儀だけが残っています。

お七夜に、赤ちゃんの命名式を行うのが一般的です。また、病院で出産した場合は、この日に退院する人が多いようです。

お七夜の個別ページへ

内祝い

内祝いの品物には、鳥の子型の石鹸や紅白の角砂糖・餅などおめでたいものを選びます。表書きは上に「内祝」として、下に赤ちゃんの名前だけを書きます。

これは赤ちゃんの名前を知らせる意味もあり、品物に赤ちゃんの写真を添えるのも気が利いています。

なお、内祝いは出産祝いのお返しではないので、出生を知らせた人全員に贈りましょう。

内祝いの個別ページへ

出産祝いのマナー

出産後、産婦の体力が回復するのには、少なくとも1週間はかかります。病院へのお見舞いに行くのは、肉親かごく親しい場合を除き遠慮して、親戚や友人、知人などは、先方の様子を聞いてから、赤ちゃんの世話にもなれる退院2-3週間してから、自宅を訪問するようにしましょう。

自分が風邪などを引いている時は、赤ちゃんのことを考え、遠慮すべきです。

また、出産祝いに出かけても、肉親以外の男性は、産婦には会わずに、玄関で失礼するのが常識です。

出産祝いのマナーの個別ページへ

出産祝い

実家からはふつう祝い着を贈るようです。以前は男の子なら実家の紋をつけた熨斗目広袖、女の子には友禅模様の着物を贈りましたが、現代では必ずしもしきたり通りではなく、外出着となるようなベビー服でよいでしょう。

友人、知人は、当座に使われるものは揃っていると考え、1年後くらいに着られるものがよいでしょう。また、下着類・よだれかけ・タオルなどいくらあっても重宝するものは喜ばれます。乳母車など大きなものは、ダブらないように先方に確かめた上で贈るのが賢明です。

出産祝いの個別ページへ

助産婦、看護婦へのご祝儀

助産婦への御礼は、お七夜にするのがしきたりです。規定の料金の他に、お世話をかけた程度によってご祝儀を包みます。

入院をした場合は、退院をする際に、婦長を通じて御礼をするのが自然です。御礼としては、菓子折又は果物などが一般的です。「御礼」と表書きをします。

助産婦、看護婦へのご祝儀の個別ページへ

出産の知らせ方

赤ちゃんの誕生の知らせは誰が聞いても嬉しい事ですが、友人や知人へ広く知らせるのは、お祝いの催促のようになりますから、両親、兄弟、ごく親しい人にとどめた方が良いでしょう。

また、仲人には親しい付き合いの場合には知らせますが、そうでなければ手紙などで十分でしょう。

出産の知らせ方の個別ページへ

帯祝いの祝い方

以前は、お腹に帯を巻く着帯式を、子宝に恵まれた夫婦に依頼しました。着帯式は、依頼された夫婦の夫の方が帯びの役になり、妻が祝いの母の役をつとめて行われます。

式は妊婦を上座におき、帯役の夫婦が下座について行われます。白木の台にのせた岩田帯を帯役夫婦が持って来て、帯役の夫の方は、次の間に下がります。妻が一人で妊婦に帯を巻き、このあと、両方の両親が加わり、祝い膳を出し、安産をみんなで祈ります。

現在では、妊娠から出産まで全ての健康管理を医師に任せるようになってきたので、このような帯祝いはほとんど見られなくなってきました。

帯祝いは、おめでたい事ですが、出産までに何が起こるかわからないので、大げさに祝わず、仲人もごく親しい間柄でなければ招待しないものです。妊婦に無理をかけず、自宅で身柄だけで祝うのが良いでしょう。

帯祝いの祝い方の個別ページへ

岩田帯の贈りかた

帯祝いに用いる腹帯の事を岩田帯といいます。これは、妻の実家から送るものとされており、以前は紅白の絹地ニ筋と白木面一筋を1つずつたたんで包み、3つを重ねて水引をかけて贈りました。
しかし、最近では紅白の羽二重か白のさらし木綿1丈に紅白の蝶結びの水引きの付いた上包みをかけて贈っているようです。
岩田帯を送る際の表書きは、自分の娘に贈る場合には「祝の帯」他人に贈る場合には「御帯」と書きます。しかし「寿」「御祝」と書けば、いずれもにも間に合います。
最近は、着帯を安産祈願の神社でする人も多く、おはらいを受けた腹帯が神社で売られています。

岩田帯の贈りかたの個別ページへ

腹帯の効果

腹帯を締める事には、妊婦の動きを楽にするとともに、冷えを防ぎ、胎児の位置を安定させるなどの効果があります。

腹帯の効果の個別ページへ

帯祝い

帯祝いを行う時期
昔から妊娠五ヶ月になると”戌の日”を選んで腹帯を巻き、安産を祈る儀式が行われています。この儀式を”帯祝い”といいます。”戌の日”が特に選ばれているのは、犬が多産でお産が軽い事から、それにあやかる為です。都合が悪ければ、”戌の日”でなくてもかまいません。

帯祝いの個別ページへ

母子健康手帳とは

母子健康手帳とは
妊娠期間中の母体の状態や出産の状態、赤ちゃんの発育状況、予防接種などを記録する手帳です。
妊娠が決まると、医師の指示に従ってこの母子健康手帳の交付を受けます。
出産までの検診、出産後の定期健診、予防接種などの際には持参する必要があります。

母子健康手帳の交付はどこで?
市区役所、町村役場、又は出張所へ行き、備え付けの用紙に必要な事項を記入し、捺印して提出すれば交付されます。

母子健康手帳とはの個別ページへ