お宮参りから初誕生まで

メイン

初誕生

初誕生の祝い方
「餅誕生」ともいい、力のある健康な子に育つようにと、立ち餅や力餅などをついて赤ちゃんに背負わせるしきたりがありました。
現在では、バースデーケーキにロウソクを1本立てて祝う事が多くなりました。贈り物としては、二歳児酔うの服や靴、おもちゃ、アルバムなどが喜ばれます。

初誕生の個別ページへ

初節句の飾り物

女の子でしたら、ひな壇飾りか、藤娘、潮汲みなどの日本人形が良いでしょう。
男の子でしたら、こいのぼり、武者人形、金太郎の人形、よろいかぶとなどが良いでしょう。

初節句の飾り物の個別ページへ

初節句の祝い方

昔は、初節句の飾り物は妻の実家が贈りました。しかし、現在では「実家が贈る」場合お雛様なら、内裏びなを贈るというように、一式ひとそろいを贈ることに余り拘らなくなっています。
飾り物は両親が買っても構いません。子供の成長とともに少しずつ揃えていくのも楽しいものです。

初節句の祝い方の個別ページへ

初節句

初節句とは
初節句とは、赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句の事を言います。女の子でしたら、3月3日の桃の節句、男の子でしたら5月5日の端午の節句がこれにあたります。
但し、赤ちゃんが生まれてから2ヶ月以内でしたら、翌年に延ばした方がお祝いを落ち着いてする事ができるでしょう。

初節句の個別ページへ

お食い初め

お食い初めのとは
お食い初めは「箸初め」「箸ぞろえ」等とも言われ、一生食べ物に困らないようにと願いをこめたお祝いです。

お食い初めの時期
地方によって日は異なりますが、赤ちゃんの離乳期にあたる生後百日目か百二十日目に行うのが一般的です。しかし、しきたりにとらわれず、実際に離乳を始める日を、お食い初めの日としても差し支えはありません。

お食い初めの個別ページへ

お宮参り3

昔から、お宮参りの際に赤ちゃんを抱くのは、父方か母方の祖母と言うしきたりがあります。
なぜ母親が抱いてはいけないかと言うと、古くはお産は穢れたものと考えられており、母方の産後は「忌」明けがまだなので、神様に近づく事を許されなかったからと言われております。
しかし現在では、祖母が遠方に住んでいる場合も多く、夫婦と赤ちゃんだけでお参りする人も多くなっています。

お宮参り3の個別ページへ

お宮参り2

地方によって、いつお宮参りに行くか、その習慣は異なっているようですが、一般的には男児でしたら出世から31日目、女児でしたら32日目とされています。

しかし何日目ということに特にこだわる必要はありません。だいたい1ヶ月目ということを基準にして、赤ちゃんの健康状態や母親の産後の回復状態を考慮して天候の良い日を選ぶと良いでしょう。天候の悪い日にお参りに行って、赤ちゃんに風邪など引かせては大変です。

お宮参り2の個別ページへ

お宮参りの場所

居住地の近くにある神社へお参りするのが一般的ですが、現在では、お宮参りの本来の意味合いも薄れてきていますので、出向きたい神社があれば、そこにお参りするのもよいでしょう。

お宮参りの場所の個別ページへ

お宮参り

お宮参りとは
生まれて初めてその土地の氏神様にお参りする事を初参りといいます。赤ちゃんを氏子の一人として認めてもらう為の行事です。
しかし、現在では赤ちゃんの誕生を祝い、これからの健やかな成長を祈願する行事をいう意味合いが強くなっています。

お宮参りの個別ページへ